子宮筋腫の全症例で手術が必要になるわけではない


子宮筋腫は良性の腫瘍です。
子宮筋腫ができればすべて手術になる、という訳ではありません。

手術に踏み切る場合は、患者さんの年齢や、子宮筋腫の状態、程度、妊娠希望の有無等を考慮した上で、医師と患者さんで結論を出します。

sponsored link

子宮筋腫の手術


子宮筋腫の手術には、開腹手術と腹腔鏡手術の2種類があります。

最近ではほとんどの場合、傷痕が目立たずそして回復までの期間が短くて済む「腹腔鏡手術」が行なわれています。

⇒参考:子宮筋腫の手術・治療法


子宮筋腫の手術費用


〇手術別

◆開腹手術の場合
  約20〜25万円

◆膣式手術の場合
  約20万円

◆腹腔鏡手術の場合
  約20〜25万円


〇子宮を残す・残さない

◆筋腫核出術(筋腫のみを除去する)
  約10万円

◆子宮全摘術
  約20万円


〇その他

・集束超音波(FUS)・保険適用外
  約40万円

・子宮動脈塞栓(UAE)・保険適用外
  約40万円


上記の手術費用はあくまで目安であり、筋腫の状態や程度・病院によってかかる費用は異なります。

手術費用以外に発生する可能性がある治療費


◆MRI、エコーなど入院前の検査時にかかる費用
◆入院時の検査、食事代などにかかる費用
◆術後の血液検査、尿検査などにかかる費用

sponsored link





当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

copyright©2009-2010  至急知りたい!子宮筋腫  All Rights Reserved