子宮筋腫の原因


子宮筋腫の原因ははっきりとは分かっていませんが、乳幼児や小学生にはほとんど見られず、高校・大学生になると徐々に見られるようになることから、卵巣ホルモンである"エストロゲン"が関与しているのではないかと考えられています。

sponsored link

エストロゲンとは?


卵巣の顆粒膜細胞、外卵胞膜細胞、胎盤、副腎皮質、精巣間質細胞で作られ、思春期以降分泌が増加し、プロゲステロンとともに月経周期に応じて濃度が変化する。

女性の性活動、二次性徴を促進する働きがある。
更年期以降は分泌が減少する。

女性の尿には、大量のエストロゲンが含まれるため、下水処理水も多量のエストロゲンを含むことになり、環境ホルモンの環境への排出が問題になったことがある。

その他の原因


子宮筋腫の原因はエストロゲンだという説が有力ですが、それ以外にも、子宮が赤ちゃんを産む準備をするために月経(生理)を繰り返すことが原因だという説があったり、いくつかの説があります。

ただ、いずれの場合にもはっきりとした原因はわからないことが多く、子宮筋腫の手術・治療法は変わらないことがほとんどですので、信頼できる医師にめぐり合えたら、原因については神経質に考える必要は無いのかもしれません。

sponsored link





当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

copyright©2009-2010  至急知りたい!子宮筋腫  All Rights Reserved