子宮筋腫に効く漢方


子宮筋腫の治療に使われることがある漢方

・大黄牡丹皮湯 (ダイオウボタンピトウ)
・桃核承気湯 (トウカクジョウキトウ)
・桂枝茯苓丸 (ケイシブクリョウガン)
・加味逍遥散 (カミショウヨウサン)
・当帰芍薬散 (トウキシャクヤクサン)
・キュウ帰膠艾湯 (キキョウガイトウ)

漢方薬は子宮筋腫の治療に使用されることがありますが、漢方だけでは不十分な場合もありますので、服用に際しては必ず医師の指示を受けましょう。

最近では漢方を取り扱う病院も増えてきており、保険が使える場合もあります。

sponsored link

副作用の少ない漢方薬と他の薬剤との併用


漢方の最大のメリットとして、「副作用のリスクが少ない」ということがありますが、漢方だけでは十分な治療効果や症状改善が見られない場合もあります。

そのような場合には、漢方薬と他の薬剤を併用することによって薬剤の投与量を減らし、副作用のリスクを軽減するという使い方が可能な場合もあります。

ただし、これは当然医師の判断のもと行われるべき方法ですので、絶対に自己判断で服用する薬の量を変えたりはしないようにして下さい。

sponsored link





当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

copyright©2009-2010  至急知りたい!子宮筋腫  All Rights Reserved