子宮筋腫の手術・治療法


子宮筋腫の治療法には、主に薬物療法と手術の二つがありますが、経過観察を行い病状が改善方向に向かっている場合には、そのまま何もせずに様子を見ることもあります。

ただし、経過観察で筋腫の増大傾向が見られるような場合には、悪性化も考慮して切除手術が行われる場合もあります。

また、薬物療法には副作用の少ない漢方と、副作用のリスクは高いけれども高い治療効果が期待できるホルモン療法の2つが主にあります。

sponsored link

漢方


漢方薬は子宮筋腫の治療に使用されることがありますが、漢方だけでは不十分な場合もありますので、服用に際しては必ず医師の指示を受けましょう。

最近では漢方を取り扱う病院も増えてきており、保険が使える場合もあります。

⇒参考:子宮筋腫に効く漢方


ホルモン療法


生理痛などの症状が酷い場合には、ホルモン剤によって症状を改善させることが可能です。

ホルモン剤には主に、卵巣ホルモンであるエストロゲンと、黄体ホルモンであるプロゲステロンの合剤が使用されていますが、副作用として子宮筋腫を成長させてしまう可能性があります。

そのため、ホルモン剤の使用は閉経間近の女性などに限られることが多く、また、保険でも6ヶ月以上にわたる長期服用は認められていないため、それを超える場合は自費料金となります。

手術


子宮筋腫の手術法としては、

・腹式手術 (開腹手術)
・腟式手術


の2つがあります。

腹式手術 (開腹手術)はその名の通り、麻酔をして腹部を切ってそこから子宮の切除を行う方法で、お腹を切るので痕が残ってしまうというデメリットがありますが、大きな視野を得られるため手術の難易度が低くなり、確実な治療を行いやすくなるというメリットがあります。

一方、腟式手術の場合には、膣を通じて子宮の切除を行うため、外からは手術跡が全く見えません。

しかし、腟式手術は視野が狭くなるので手術の難易度は高くなりますし、膣が狭い人や子宮内膜症の合併が疑われる人、筋腫が大きい場合などでは行えない場合もあります。

sponsored link





当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

copyright©2009-2010  至急知りたい!子宮筋腫  All Rights Reserved